学習塾は大きく分けて集団と個別の2種類に分類されます。一見すると同じように感じられますが、それぞれにメリットやデメリットが存在するのでしっかりと見極めることが大切です。今回は、それぞれの指導形態による違いを解説します。

集団指導塾

講師1人に対して生徒が複数の形になる集団指導塾には、この指導形態ならではのメリットだけでなく、気を付けなくてはいけない点もいくつかあります。ここから紹介するのは、集団指導塾ならではの特徴や注意点についてです。

集団指導塾のメリット

集団指導塾のメリットは、仲間がいることです。一緒に学ぶ仲間がいることで、子供の心に競争心や負けん気が生まれます。子供は、同年代の子供と刺激しあうことで成長する面があります。勉強も同様です。一番に問…

Read More

集団指導塾のデメリット

集団指導塾のデメリットは、授業についていけなくてもそのまま進行してしまうことです。一年間のカリキュラムが決まっているので、一人の子がつまずいても授業は止まってくれません。授業時間内での個別指導や宿…

Read More

集団指導塾の選び方

集団指導塾を選ぶときには、指導レベルをよく確認することが大切です。一つの塾で複数のレベルの教室がある場合と、入会時にテストを行い一定以上の子供しか入れない場合があります。学校の授業の理解を深めるた…

Read More

個別指導塾

講師とのマンツーマンでのレッスンや少人数で授業が行われる個別指導塾は、メリットも多い反面、デメリットもいくつかあるので注意が必要です。そこで今回は、個別指導塾ならではの特徴や選び方について説明していきます。

個別指導塾のメリット

個別指導塾のメリットは、なんといっても自分のペースに合わせた指導が受けられるところです。授業の内容でわからないところがあれば周りを気にせずに思う存分質問ができます。また、カリキュラム自体もそれぞれ…

個別指導塾のデメリット

個人指導塾は講師一人が生徒を1人から3人程度受け持って指導する形での授業を行います。家庭教師に近く、講師がある程度専属に近い形で指導を行うため子供一人ひとりに合わせた最適な授業スタイルを取ることが…

個別指導塾の選び方

授業料が適正かどうか

個別指導塾は、講師一人あたり1人から3人程度を受け持って集中して勉強を教える形になるため、集団指導塾と比べても生徒一人あたりの人件費がかかり授業料が高くなりがちです。もちろん高い授業料に見合った効果があるならと思う親御さんも多いですが、中には高い授業料に見合わない個別指導塾が存在することもあります。あくまでも授業に使う道具や人件費などに対して適切な金額が設定されている塾であれば良いのですが、授業料が妙に高すぎる場合は返って授業料目当てに経営されている個別指導塾である場合もあるため注意が必要です。個別指導塾の相場をしっかりと調べて、その金額から大きく外れているようであればその金額になる理由をしっかり調べ、納得できないようであれば避けるようにしたほうが良いでしょう。

子供と講師の相性が良いかどうか

個別指導塾は子供と講師がマンツーマンで指導を行いながら授業を進行してきます。もし子供と講師との相性が悪い場合、子供は苦手な講師を相手に緊張して勉強どころではなくなってしまいますし、そんな状態で授業を受けても成績が上がる可能性は低いでしょう。まずは子供と講師を引き合わせて相性の善し悪しを見ることはとても大切なことです。個別指導塾は講師を指名することが出来る場合もあるため、もし講師と合わないようであれば他の講師を指名するか、在籍している講師の誰とも合わない場合は他の塾を探すなどした方が良いと言えます。塾の中には実際に体験入塾可能な所もあるため、実際に授業を受けさせてみて子供の反応を見るのが良いでしょう。